カメラ買取査定の基準

カメラ買取の査定には基準が存在しています。それぞれのお店で独自の基準を用意しており、それに従ってカメラの査定をしていくのです。基本的に、どのお店もカメラの査定をする際にチェックするポイントは似通っています。

まず、カメラの作動状態をチェックします。正常に作動するかどうかはとても大事なのです。動作しない部分があるとかなりのマイナスポイントとなってしまうでしょう。修理しないと使えないような状態のカメラは、高い査定をしてもらえません。カメラの状態もチェックされます。外観にキズやへこみ、はがれなどがないかを見るのです。キレイな状態になっていれば当然評価は高くなるでしょう。

また、カメラの内観についてもチェックされます。レンズやファインダー、ミラーなどを主にチェックして、そこがくもっていたり、カビが発生してしたりすると価値は落ちてしまうのです。さらに、メーカーの保証期間内となっているかどうかも大事でしょう。最新のデジカメならば、ほとんどのものに保証期間が設定されているはずです。これも査定に影響します。

カメラにはいろいろな付属品がついてくることがあります。それらはすべて揃っていた方が良いでしょう。外箱や説明書、充電器などの有無もチェックされるのです。